特許機器株式会社 特許機器株式会社

設備防振装置OS式防振装置​

  • ポンプ用 PX / PL

    軸回転振動成分とインペラ羽根枚数を掛けた脈動成分の基本的な振動成分とそれらの高調波成分で形成されています。加振力は、設備機器の中では比較的大きく、構造側の発音効率が非常に高くなります。またポンプ本体の防振だけでは十分といえず、周りの配管支持や壁への貫通部にも細心の注意が必要です。

  • ファン用 ST / HS

    ファンの軸回転成分及びモーターの回転数に、それぞれ大きな振動のピークを発生します。大風量・高静圧・小風量・低静圧と用途によって、さまざまな設置場所や性能を有しており、適正な防振装置を判断するのに難しい機械であると言えます。また、接続されるダクトやチャンバー部分を含めたトータルの防振経計画が必要です。製品詳細についてはお問い合わせください。

  • エアコン室外機用
    CSZ / CDJ / GAS / CBJ / CSU

    コンプレッサー及びファンの軸回転成分にそれぞれ振動のピークを発生します。屋外に密集して設置されることが多く、存在を無視できません。また、GHPはエンジンを搭載しておりEHPと比較してより注意を払うべき機器であると言えます。なお、近年は現場での工数削減を目的にユニット化される場合もあり、ユニット用の防振装置もご提案しております。

  • エアコン室内機用 CTZ / DSV

    ファンの軸回転成分または、モーターの回転数に、それぞれ振動のピークを発生します。比較的居住空間に近い場所に設置されるため、障害事例が少なくありません。

  • 天吊り機器用 HSP / HSS / HR

    ファンの軸回転成分に振動のピークが発生します。機械そのものの振動は、大型機器と比較して小さいですが設置場所の直上に机やテーブルが置かれ、その机上で振動障害が発生する事例が数多く報告されております。居住空間の直下に、設置されるため細心の注意が必要な設備機器の一つと言えるでしょう。

  • エアハン用 UR

    大きな空気流を有する送風機を内蔵したユニットです。それら送風機の振動は有感振動と固体音を同時に発生させることがあります。
    振動や騒音を嫌う空間に隣接して設置される事が多いため、低域から高域まで対応できる高性能防振装置が必要です。またケーシングの外板振動やダクトからの振動伝播にも対策が必要です。

  • チラー用 RAZ / RW

    空調設備機器の中で比較的大きい加振力を有します。コンプレッサー軸成分と高次成分で振動ピークを生じる典型的なコンプレッサー振動が特徴です。その周波数も高く固体音障害が生じやすい設備機器です。また、近年はモジュール化され複数台がまとまって設置されるケースが多く細心の防振計画が必要です。

  • 冷凍機用 ART / ARS / ARE

    吸収式冷温水機はガスバーナーの燃焼波とポンプの回転数が主成分です。この機器は振動の少なさがセールスポイントとして挙げられていますが、加振力が思いのほか大きく注意が必要です。またターボ式はコンプレッサー振動が主成分ですが、加振力はかなりおおきく、ともに十分な防振対策がかかせません。

  • クーリングタワー用 NCTV

    本体重量に対して比較的加振力の小さな機器で、主な振動成分としてはファンの軸回転振動、羽根振動及び電動機軸回転振動で、特に羽根振動成分の方が大きいといえます。
    とりわけ軸振動数の低いクーリングタワーで、屋上階に設置される場合にはしっかりとした防振対策が必要です。

  • 発電機用 OM-E

    発電機は、建物の設備機器としては最大の振動発生源で、非常に大きな加振力を有します。ディーゼルエンジン・ガスエンジンではエンジンの軸回転成分を基調とするハーモニック振動、ガスタービンでは軸回転数とタービンによる脈流成分による高域振動成分を発生するのが特徴です。その他煙道やサイレンサー、補機類も振動源となりえますので、総合的に防振計画を行う必要があります。また、近年津波対策などの理由から中間階や屋上階に設置される場合もあり、細心の注意が必要です。

  • トランス用 OM-K / TRS / TRV-N

    電源周波数(50Hzあるいは60Hz)の2倍の磁歪振動を基調とするハーモニックの振動ピークが発生し、純音性が高いことから障害事例が多く報告されている機器と言えます。また、機械の特性として簡単に停止ができない為、事前の防振計画が重要です。

PAGETOP
PAGE TOP