特許機器株式会社 特許機器株式会社

Study Portは、「Study:研究する」「Port:港または周辺機器を接続するための端子」を意味し、お客様と共に未来への新しい発見を創出したいという思いを込めて開設した展示施設です。50年以上の経験則が導く技術データを基に、振動の奥深い世界観、ナノレベルから地震規模に至るまでの発生メカニズムや制御技術を紹介しています。

Study Port コーナー

本社Study Port

本社Study Portは、振動の奥深い世界観や、現場で起こりうる振動問題を「絵巻物」として紹介しています。振動の障害量と許容値が体感できる「振動体感機」、微小な振動が原因となりオーディオ機器に影響する音響変化の聴感施設など、振動に起因する様々な体験エリアをご用意しています。また、ナノレベルの振動を再現する三次元加振装置、地震規模の揺れを再現する加振装置など、お客様との協業を目指した研究・開発施設も併設しています。振動制御の専業メーカーとしてのトータルソリューション技術をご案内します。

東京Study Port

東京Study Port

大都市空間には、様々な振動課題が存在します。当社の振動事業領域(トリパタイト図)別に、振動課題を提起し、お客様の目的・用途に沿った体感・提案型展示施設として東京支店に併設しました。
数値だけではイメージしにくい振動課題を再現しており、設計段階における空間用途別の許容値の検討など、現場における様々な課題解決にお役立てください。

海外のStudy Port(北京/上海/台湾)

科学技術の進化に伴い「超微細振動制御」への要請は近年、益々必要不可欠となっております。
海外のStudy Port は、「超微細振動制御」に対する振動課題への提起と解決策を中心に、当社のソリューション技術を紹介し、北京・上海・台湾の三か所に開設しております。

  • 上海Study Port

  • 北京Study Port

  • 台湾Study Port

ご見学に際して

完全予約制です。(平日:10:00~16:00)
弊社の都合により、ご希望に添えない場合がありますので予めご了承願います。
来場をご希望の方は、お手数ですが事前に会社名、来場人数、希望日時をご連絡ください。

PAGETOP
PAGE TOP